iPhoneとAndroidのヌルヌル感の比較について

スマートフォンの評価の一つにヌルヌル感を指摘する方が増えています。ヌルヌル感とはUIの動きがスムーズであり、スクロールも指に吸い付くように動くことを言います。特に端末のハードウエアが機能不足の場合はヌルヌル動かず、一時停止してしまったり、がくつきます。そこで注目されてきたのが初代iPhoneからの動作ですAndroidの場合はハードウエアが機能向上してもぬるぬる動くには程遠い動作をする機種が多数ありましたが、CPUやGPU、OSの向上で多くの機種がぬるぬる動き始めています。しかし、iPhoneの場合は初代から動作がしっかり考慮されており、Androidとの比較でも大きなメリットとなっていました。ヌルヌルした動きはユーザーエクスペリエンスを大幅に向上させます。どの程度良くなるかは個人差がありますが、殆どの場合、画面の大きさよりもぬるぬる動くUIを選ぶとされており、iPhoneのように4インチが続いていた時代でも5インチのAndroidよりも使い勝手がよいと評価する方が多くいました。このような動きはCPU、GPUが発達するだけでは実現せず、OS側のサポートが重要です。Androidはバージョンが4を超えるまでなかなか動きが良くならなかったと言われています。ただし、OSもカスタマイズできることからメーカーによってはOS自体をカスタマイズしてヌルヌル動くUIを実現している場合も多くありました。バージョンが5を超えるくらいにはCPUやGPUをしっかり使ってヌルヌル動くUIを実現できており、操作感としてはと同レベルになったと評価されてきています。ただし、アプリについては古いアプリを中心にぬるぬる動くことができずにいるケースも多いです。この点についても新しいOSに対応したライブラリに対応させることで解決すると期待されています。スマートフォンの評価はヌルヌル感のあるUIが一つのポイントです。特にiPhoneのような動きは理想形と言われるほどであり、Androidも対応が進められてきました。UIの動きでもっとも注意されるのが指に吸い付く動きです。タップしてもスクロールをしても指についてくる動きがなければ違和感となります。これらの違和感は使い勝手に強く影響し、画面が大きくても、速度が早い機種であっても使い勝手が良くないと評価されてしまいます。従来のAndroidはCPUやGPUがiPhoneよりも数段上の能力がありながら使いこなせてこなかったと評価されており、バージョン3以前のAndroidは酷評されることが多くありました。しかし、バージョン4でGPUやCPUの使い方が再構築されており、端末のCPUやGPUをしっかり使い、ヌルヌルした動きを実現するためのライブラリの開発が進められ、メーカー独自にカスタマイズしなくてもしっかり動くようになっています。また、iPhoneと比較した場合でもUIの機能面で対抗できると評価されるまでに改善されています。CPUやGPUについて統一されていないAndroidですからOS側のサポートはとても大変な作業ではありますが、メーカー側の協力もあって大きく進化しています。今ではフルにCPUやGPUを使えることでiPhoneよりも使い勝手がよいと評価する方も多くなっています。アンドロイドは自由な使い勝手が特徴ではありますが、各メーカーごとの違いを出来る限り吸収する方向にOSのバージョンが進められてきており、ユーザーが戸惑わずに利用できる体制作りが進められています。CPUとGPUに以外にタッチパネル等も改良も両陣営とも進められており、ユーザーエクスペリエンスのより一層の改良が期待されています。

iPhoneとAndroidのサクサク感の比較

iPhoneはサクサク動くと評価されることが多く、Androidは機種によって大きく評価が変わってきます。サクサク感はスマートフォンにとって重要な要素の一つですが、OSをメーカーがカスタマイズしていかないといけないAndroidはiPhoneに比べて厳しい評価になることが多いようです。iPhoneがサクサク動く理由はアップルがハードウエアからOSまでトータルに管理しているからです。OSに合わせてハードウエアを設計することができますし、逆に必要な機能を実現するハードウエアに合わせてOSを最適化することができます。対応させるハードはiPhoneとipadだけという点もカスタマイズがし易い理由とも言えます。対してAndroidはメーカーがOSをカスタマイズしてハードウエアに合わせます。メーカーの力が出るわけであり、使い勝手は大きく変わってきます。バージョン4以降はメーカーも慣れてきたこともあり、多くの端末でサクサク動きますが、それでもサクサク度はかなり違っています。この点はiPhoneと比較する際の最大のポイントともなっています。メーカーのカスタマイズ力は高まっていますが、年間に数台以上新しい端末を出すこともカスタマイズが難しい要員とも言われています。アップルが年に1台以下のアップデートであることはOSの熟成を進めますし、UIについてもしっかり対応できると考えられます。そこでAndroid側でも新しいOSではハードウエアの違いを吸収する仕組みがアップデートされており、カスタマイズしなくても十分動くようになってきています。また、GPUの進化が早いこともあり、画面表示機能が格段によくなってきています。ハードウエアのアップグレードはOSのアップグレードの速度を超えてきており、ユーザ体験が良くなっています。iPhoneが評価される理由にサクサク感がありますが、ハードウエアとOSの両方をアップルがサポートできるためです。AndroidでもOSとハードウエアのサポートはされていますが、対応するCPUやGPUが多いこともあり、標準的なサポートになってしまい、アップルが行っているカスタマイズに比較して劣る部分は仕方ありません。しかし、この点についてはAndroid陣営はハードウエアの進化で対応しようとしています。iPhoneは年に1度のアップグレードでCPUやGPUをアップグレードさせてきましたが、Androidは年に2回以上のアップグレードをすることができ、GPUやCPUはを超えたと考えられています。また、OS自体の機能もアップグレードが激しくなってきており、操作感においてもIOSを越えようとしています。Androidの猛追にアップルとして行ってきたのがさらなるUIの向上です。タッチ感については3DTouch機能を追加してクリック以外に押し込む動作を取り入れてユーザーエクスペリエンスを向上させてきました。また、ウィジェットを新たに追加して情報取得をしやすくしています。ウィジェットについては専用画面で表示させる方式をとり、初代から続くホーム画面は崩さずに対応しています。また、機能追加で画面が複雑化することを防ぎつつ、新たな表示方法を模索しています。UIについて大きな変化はありませんが、ウィジェットを効率よく利用することでアンドロイドに比べて情報取得がしづらいという評価を変えようとしています。ハードウエアの進化も続けており、4K動画をサクサク編集できるようにGPUを強化してきています。GPUについては3Dゲームや動画の表示で利用される以外にUIでも積極的に利用されてユーザー体験を改良してきています。

iPhoneとAndroidのセキュリティの比較

今ではスマートフォンを持ち歩く人が圧倒的に多いですが、やはりセキュリティ面やプライバシーをしっかり保護できるかという心配をする人が多く、機種変更にしても機能やセキュリティに重点を置くお客さんもいらっしゃいます。そういった面では、iPhoneとAndroidどちらが安全なのか比較して見ていきましょう。
では、まずiPhoneですがApple社がそれぞれの端末コードを公開していません。ですので、不正に悪用される事がありませんし、乗っ取りも不可能です。また、最近では悪質なアプリを作り個人情報を流出さ
せてしまうといった危険なアプリも存在していますが、App StoreはAppleの認めた公式で安全を確認されたアプリしかダウンロードできるようにしていません。また、続々と新機種をリリースしているAppleですが、数年前のiPhoneでもちゃんと新しく配信されているiosをダウンロードできるようサポートをしているので安心感があります。個人情報に関して心配する面がありません。機能面では、数年前の旧型iPhoneだと少し動作に不安、鈍く感じる面もありますが普段使う事に支障はありません。しかし、脱獄などといった公式Appleが禁止している行為を行っている端末に関してはデータ流出などの保証は断定するのは非常に困難です。普通に正規状態で使う事に関してはAndroidよりも危険リスクはないです。
次に、Androidの方を見ていきましょう。Androidに関してはと違い、Googleがコードが公開されています。これはいい面でも悪い面でも取れるので人により考え方、捉え方は全然違います。コードを公開していれば脆弱性が迅速に発見し、プロ技術を持つ人がすぐに対応することが可能です。しかし、公開しているということは誰にでも見えてしまう、不正利用されてしまうなどといったデメリットも存在します。また、Androidはアプリをインストールする際にGoogle Playからインストールするのが一般的で安全なのですが、実際にはGoogle Play以外からでもインストールできてしまうのです。Google Play以外からインストールできてしまうという事は、当たり前ですが安全ではない悪質なアプリと気づかずにいつも通り簡単にあっさりインストールしてしまう危険性があります。しかし、この場合だとGoogle Play以外からはアプリを入れなければいいのです。GoogleもApple同様に、アプリが安全かどうか、悪質なものではないか審査しています。なので、インストール面のセキュリティはiPhoneもAndroidも安全です。機能面では、基本的に大きな差はありません。ただ、Androidの場合iPhoneと違って最新機種のみOSサポートされますが、数年前にリリースされたスマートフォンだとサポート対象から外されてしまうためセキュリティ面は注意が必要です。そうなると今までの比較を見直すと圧倒的にiPhoneのほうが安全面を重視する人には選ばれやすいのではないでしょうか。しかし、常に最新機種を使いたい方でしたらAndroidのほうが相性があいますし、長く使わない計算であればOSサポートが切れても慌てる事はありません。メリット、デメリットは両スマートフォンにあるので最終的には使う本人次第にはなってしまいますが、みなさん自身でも購入前に比較してみる事が大事です。もっともいいのは、端末を使っている身近な人に実際に使い心地や安全面を聞いてみる事です。お店では、メリットしか言わない店員さんの方が多いです。身近な比較に聞く事で、自分自身でもメリットもデメリットも比較をする事ができるのです。安全面を考慮して選ぶ事が大切です。

iPhoneとAndroidの各種センサー比較

iPhoneとAndroidには多数のセンサーが追加され、高機能化してきていますが、単に追加するだけではなく、それぞれの陣営の考え方が違いとして出ています。センサーは感圧、温度などさまざまありますがiPhonetoAndroidを比較する際に重要な観点となっているのがタッチ周りです。タッチセンサーはどちらも初代から搭載され、順次高性能化されてきています。特にアップグレードされたのがタッチ数です。一度に何点まで同時にタッチできるかが重要になっていますが、タッチ数を上げると誤動作も増えることからバランスをとりながらアップグレードされてきています。Androidではタッチ数の数に特に力をいれてきたのですが、メーカー間の差がとても大きくなっています。OS側としての最低数は2つですが、多いものでは10点程度のマルチタッチにも対応し、操作性を向上させています。対してiPhoneはタッチ数は抑えめですが、感圧センサーを追加して3次元のタッチ感を実現しています。従来のタッチセンサーではタッチされた数やドラッグ距離は判定されますが、押された圧力はチェックされていません。例えば力を込めて押せばペンの太さが変わるなど感圧センサーを使うことでさまざまな新しいタッチ方法が利用できます。iPhoneではこのセンサーをiPhone6、6sから搭載してきており、順次アップグレードも行ってきています。すべてのアプリが対応しているわけではありませんが、スケッチアプリや一般のアプリでも入力数を増やせるので便利に利用できます。押すという感触は直感的に分かりやすく、タップからさらに押し込むことでユーザエクスペリエンスも向上していると考えられます。Androidでもこのセンサーは有効と考えられていますが搭載はまだまだ少ないです。iPhoneとAndroidを比較する際重要となるのがユーザエクスペリエンスです。ユーザーが行いたい動作を直感的にいかにタッチパネルで実現するかは両陣営とも苦労を重ねてきています。その答えの一つとしてAndroid陣営ではマルチタッチに特に力を入れてきており、OS側でのサポートも多くなっており、各メーカーともマルチタッチ数を増やす傾向が増えています。また、マルチタッチのほか、の精度自体も上げてきています。スムーズにタッチでき、ドラッグできることはどの端末でも重要ですが、メーカーごとに精度が若干異なっていることからAndroidを選択する方の多くが実機を触ってからの判断となっています。iPhoneの場合はマルチタッチの精度については高めていますが、タッチ数についてはそれほど重視してきていません。初代からタッチの精度について厳しいチェックが行われてきており、ユーザーエクスペリエンスについてはタッチ数ではなく、UIでの表現に力を入れてきています。特に新しいUIの想像はOSのアップグレードごとに力を入れており、感圧センサーの利用と合わせて画期的な機能として実装されています。感圧センサーはタッチパネルに3次元の入力方法を提供しています。従来のタッチパネルが2次元であり、押された場所を判断するだけだったのに対し、押された力を感知することでユーザーが求めるUIが実現されてきています。タッチパネルに対して力を入れているということは操作を早くしたい、ペン先などを太くしたいなど、頭で考えていることを実現させるUIとして興味を持たれています。Androidが指と手全体での入力にこだわっているのに対し、iPhoneは指自体に焦点を当てて入力方式を進化させているのが違いですが、両陣営でのUIに対しての考え方が現れていると考えられています。

iPhoneとAndroidの指紋認証などの比較

iPhoneには6からAndroidはかなり前から指紋認証が採用されています。特にAndroidの場合は日本メーカーが率先してセンサーを搭載してきたのが特徴であり、OS側のサポートが無くても実装されてきています。始めの頃の指紋認証は指1本分、一人分の入力しか対応していませんでしたが、センサーをグレードアップし、OS側のサポートも追加されたことで複数人、複数本の指の登録にも対応できてきています。センサーについては誤動作が問題となりそうでしたが、最初から高精度なセンサーが開発されていたことからほぼご動作はなく問題となっていません。問題となるのは速度のほうが大きいかもしれません。認証速度は最初は数秒かかることも多かったようです。しかし、センサーの開発が進み瞬時に認証できることからボタンタッチとほぼおなじ感覚で利用されています。iPhone側とAndroid側のセンサーについては同じメーカーが提供していることも多く、センサー自体の利用についてはほぼ差がなくなっていますが、UIやOS側のサポートなどが異なっているので使い勝手については若干の違いが出ています。iPhoneとAndroidの指紋の使い方について比較するともっとも違うのがセキュリティをどこまで解除できるかです。スクリーンロックを解除するのは両陣営とも対応していますが、iPhoneではitunesでの利用も機能として実現されており、有料アイテムの購入などでも指紋だけで操作が終わるようになっています。対してアンドロイド側ではそれぞれのメーカーに任せられている点が多く、独自にさまざまなセキュリティを解除することに対応しています。指紋については登録が面倒という点もありますが、それぞれのOSで標準で登録機能が実装されていることから簡単になってきています。iPhoneの指紋認証はOSがサポートしており、以降使えるようになっています。指紋認証についてはOSがインストールされた時に設定が行われるほどOSと親和性が高くなっています。利用しない設定も可能ですが、スクリーンロックをナンバーでの解除なしに指紋で解除できるなど利便性が格段に上がることから利用されることが多いです。ただし、セキュリティの観点から1日ロックが解除されていなければナンバーでの解除が必要となり、指紋だけでセキュリティを解除するということにはならず、補助的な利用に制限されてきています。Androidでの指紋の利用についてはiPhoneほどOSが関与していません。登録作業もメーカー独自のアプリが行うことが多くなっています。ただし、カスタマイズが可能なAndroidですから使い勝手は各メーカーとも考慮して使いやすいアプリとなっています。Androidでセキュリティをどの程度解除できるかはメーカーに委ねられています。スクリーンロックを解除するのみにしているところもあれば、各種設定で指紋が利用できるように高機能化してきているメーカーもあります。iPhoneとAndroidの指紋の利用の比較については特に重要となっているのがOSの関与です。セキュリティはOSが機能を管理しますので新しいデバイスである指紋センサーをどのように使えるかはOSによります。ただし、利用事例が多くなっていることから標準サポートされており、今後も利用が進むと期待されています。生体認証については指紋の他に虹彩なども利用され、静脈などを利用するセンサーも開発が進んでいます。各種セキュリティを数字で対応するのは面倒ですし、また、セキュリティの観点からも見られてしまう数字入力は危険性が高いとして指紋などの生体情報の利用が進められてきています。